セクストーションの意味や対策・予防方法を解説

セクストーションの意味や予防方法を解説

いまは

  • マッチングアプリ
  • SNS
  • ゲーム

などを使えば世界中の人々と交流できます。

これはとても素晴らしいことですが、犯罪目的で悪用する人がいるのも事実です。
今回紹介する
「セクストーション」
もその中のひとつです。

簡単にいえば、セクストーションはネットの美人局(つつもたせ)。
女性(の写真など)をつかったオンライン詐欺ですね。

この記事ではセクストーションについて

  • どんな詐欺なのか
  • 具体的な内容・手口
  • 被害者にならないための対策・予防方法

などを解説します。

セクストーション被害者の多くは男性です。
男性は被害者にならないよう、セクストーションについての知識を身につけて対策しましょう。

セクストーションとは?

まずはセクストーションについて基本的なことを解説します。

セクストーションの意味

セクストーション(Sextortion)とは

  • Sex(性)
  • Extortion(脅迫)

を組み合わせた造語です。

それぞれの意味そのままで
「性的な要素をつかった脅迫」
これがセクストーションです。

ただ、基本的にはネットを悪用した性的な詐欺がセクストーションと呼ばれます。
現実世界の性的な詐欺は美人局(つつもたせ)と呼ばれているので、セクストーションは
「ネットでの美人局」
とも言えそうです。

世界中で被害者は増加中

セクストーションは

  • マッチングアプリ
  • SNS
  • ゲーム

などのような、若い人が利用するネットサービスで行われることが多いです。

日本でどれくらいセクストーション関連の事件が起きているかは不明です。
とはいえ、複数の都道府県の警察が注意を喚起しています。
日本でもすでに被害者が出ているのでしょう。

アメリカではすでに7,000件以上のセクストーション関連事件が起きており、被害者は3,000人にものぼります[1]The Washington Post:FBI warns of explosion of ‘sextortion’ cases targeting boys, teens
被害者の中には自殺する人もいて、2022年だけで少なくとも12人が亡くなってます[2]The Washington Post:FBI warns of explosion of ‘sextortion’ cases targeting boys, teens

金銭的な被害も起きています。
ある事件では、被害者が自分のヌード写真のネット流出を防ぐために数十万ドル(数千万円以上)を払ってます[3]Forbes:自殺した子供のヌード写真で恐喝行為を行うサイバー犯罪者たち

このように、世界各地で深刻な被害が起きています。
加害者の多くは海外におり[4]U.S. DEPARTMENT OF JUSTICE:FBI and Partners Issue National Public Safety Alert on Financial Sextortion Schemes、外国から豊かな先進国の人を狙います。

とうぜん日本人もターゲットになっているはずです。
他人事ではありません。

セクストーションの内容・手口

セクストーションの具体的な内容・手口を紹介します。
セクストーションは以下のような流れで行われることが多いです。

  1. ネットで知り合う
  2. チャットで親しくなる
  3. 性的な画像の送信の提案
  4. アプリを提案
  5. 脅迫開始

① ネットで知り合う

ネットで知り合うことからセクストーションは始まります。

ネットと言っても沢山ありますが

  • マッチングアプリ
  • SNS
  • ゲーム

などのような、多数の利用者がいるサービスがきっかけになることが多いようです。

ちなみにセクストーションで狙われるのは男性が多いです。
これは男性の方が性的な誘惑で騙せる確率が高いからでしょう。
とうぜん、騙そうとする相手は若い女性を装います[5]FBI:FBI San Francisco Warns of Increase in Sextortion Schemes Targeting Young Boys

男性の中でも、とくに狙われやすいのは10代・20代の若者です。
SNSやゲームアプリを利用する頻度が高いからでしょうか。

② チャットで親しくなる

知り合ったら、次は仲良くなろうとします。
ネットで知り合った場合、だいたいチャットで交流が始まります。

チャットで何回もやりとりし、親しくなったら本格的な詐欺が始まる、という流れです。

③ 性的な画像の送信の提案

チャットで仲良くなったら、次は画像の交換。

性的な画像、具体的には

  • 下着姿

の画像をスマホで撮影し、お互いに送信しようと相手が提案してきます。

もしここで自分の性的な画像を送ったら、本格的に詐欺にひっかかることになります。

④ アプリを提案

③のあと、女性側から
「ここならもと沢山の私の画像が見れる」
などの理由で「このアプリをインストールして」と言ってリンクが送られます。

紹介されたアプリをインストールしたら電話帳などのデータを抜き取られ、詐欺師たちの思うがままです。

⑤ 脅迫開始

  • 性的な画像を相手に送信
  • 相手が提案するアプリのインストール

このどちらか、もしくは両方が終わったら、いよいよ脅迫です。

脅迫の内容としては

「画像をネットに公開されたくなかったらお金を払え」
「画像を友達や家族に送られたくなかったらお金を払え」

こんな感じが多いようです。
いずれにせよ、相手が欲しいのはお金です。

この時、お金を払えば100%解決する訳ではないので注意してください。
相手は最初から恐喝目的で近づいてきた犯罪者です。
それに弱みはすでに握られています。

お金を払えば、それで全部解決するような物事ではありません。

被害に遭ったら警察に相談

もしセクストーションの被害にあったら警察に相談しましょう。
警察庁のサイトにいけば、各都道府県のサイバー犯罪の相談窓口が確認できます。

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口一覧

被害に遭ったらすぐに相談し、対応方法についての指示をもらいましょう。

警察に相談するのが不安な人は、違法・有害情報相談センターに相談してください。
違法・有害情報相談センターは総務省が外部企業に委託して運営されてる組織です。
年間数千件もの相談を受け付けている実績があります[6]総務省:令和3年度 インターネット上の違法・有害情報対応相談業務等請負業務報告書(概要版)
きちんとした組織ですので、安心して相談ください。

違法・有害情報相談センター

違法・有害情報相談センター公式サイト

被害者にならないための予防方法

最後に、セクストーションの予防方法を箇条書きで紹介します。

セクストーションの予防方法
  • 18歳未満は出会い系やマッチングアプリを使わない
  • 自分の性的な写真や動画を撮影しない、誰かに送らない
  • 知らないアプリをインストールしない

セクストーションだけでなく、安全にネットを使うためにもこれらには注意してください。